1/6の景色

“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)をテーマに、フィギュア・cool girlで外ロケをメインに撮影をしています。

写真撮影に付いて (私、dabuwanの場合) ・ 1

今回は撮影に関して、私が何時も気を付けている事や、考えている事に付いて書いてみようと思います。
これは、あくまででも私個人が今までの写真人生の中で、感じた事思った事になります。
s DSC_3382
今回の記事は、フィグ・ドール撮影だけに限らず写真全般に関して言える事だと思いますので、読んでみて下さい。
あくまで私の考えですが。(>人<;)

・ 撮影テーマ・コンセプトを考える。

写真を撮る上で、テーマやコンセプトを持っていると言う事は、自分の表現に“ブレ”がなくなると言う事になります。
例えば、私dabuwanの撮影テーマは“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)です。
この撮影テーマに沿って撮影した写真を基本軸として、blog“1/6の景色”は進行しています。
ブレない軸を持つという事は、写真全般に言える事だと思います。


・ 私の撮影に対する考え。

私の場合、他のフィグ・ドール撮影をされている方々とは、考え方が少し違うかも知れません。
撮影テーマの“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)これは言い方を変えると、リアルかミニチュアか解らなくする事 です。
確かに、フィグ撮影特有の事もありますが、私自身はリアルサイズのモデルさんを撮影している事と同じ事を行なっています。
s 0085
例えば“五月晴れの日 ・ 2”のラストカットですが、フィグ写真でありながら主役であるフィグは、後ろ姿で殆んど影です。
これは私が、フィグをフィグとして撮影しておらず、リアルモデルさんを撮影している事と同じ表現をしている為にこの様な表現になっています。
私はフィグ写真とリアル写真をシームレスで繋ぎたいと思っています。


・ フレーミング(構図)をしっかりする。

フレーミング(構図)は、自分の考えや想い、また被写体の感情などを観る人に伝える為に重要な事です。
構図に関しては、様々な構図が存在します。
こればかりは、個々で撮影をして勉強するしか方法がありません。
作例として“静かな時間 ・ 2”から
s 0105
このカットは、後ろ姿とポージングと合わせフレーミングを斜めにする事により、ミホの不安や悩みなどの胸の内を表現しています。
s 0107
対してこのカットは、胸のつかえが取れてホッとして楽になった様子を表現しています。
同じ様に斜めのフレームですが、体の向きとポージングの違いで、こんなにも表現が違って来ます。
写真全般を撮影する際、私が何時も心掛けている事は“写真はノートリミング”と言う事。
カメラマンをしていたと言う事もありますが、この点は人一倍拘っていますね。
カメラマンが、上位機種のカメラを使うのは信頼性もありますが、視野率100%のファインダーが必要な為です。
プロ・写真上級者の方は“写真はノートリミング”という事を実践する為に必要不可欠な装備なのです。
折角の100%ファインダーも、トリミングをしてしまったら何の意味もありません。
フレーミング(構図)を学ぶ方法としては、最近よく出版されている入門書や写真集や雑誌を観るのが一般的な方法だと思います。
但し、ちゃんと実践してみる事が大切だと思います。


・ 第三者目線

これは、撮影を客観的に観る為に必要な事だと思います。
撮影に不慣れな時などは、入れ込み過ぎて状況判断が鈍って来ます。
例えば、撮影している時は良いと思って撮っていたが、家に帰って観てみると“何か違う”何て経験ありませんか?
これは撮影に入れ込み過ぎていた為に、撮影時と平時との感覚のズレがある為です。
この感覚のズレをなくす為に“第三者目線”冷静に判断を下す為、客観的にモノを観ると言う事が必要になります。
これに関しては経験と慣れが必要ですが、始めの頃は撮影前に“まぁ、落ち着け”と自分自身に言ってみて下さい。
何時もよりも状況が見えると思いますよ。
“まぁ、落ち着け”ってね。

その2へ続く。


 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

こんばんは☆

dabuwanさんのお話、とてもとても参考になりました。
撮影テーマ重要ですよね!!
どうして今まで考えなかったの!?っていうくらい重要ですよね~((((;゜Д゜))))

最近になってようやっと、ドールちゃんをボケーッと立たせてるだけじゃなくて、リアルな人間の動きっぽくするのがポイントかも…なんて気づいたレベルです(^。^;)

テーマ…じっくり考えたいと思います。
わー、しかし、どのように撮りたいんだろう?

世の中いろんなモノをじっくり観察すると楽しいですね(*^^*)

  • 2014/08/12(火) 19:18:56 |
  • URL |
  • go ahead #-
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは☆ ・ go aheadさんへ

go aheadさん、何時もありがとです。

> dabuwanさんのお話、とてもとても参考になりました。
> 撮影テーマ重要ですよね!!
> どうして今まで考えなかったの!?っていうくらい重要ですよね~((((;゜Д゜))))

私は…が前提の話でしたが、チョット心の片隅にでもしまっておいて下さい。
行き詰った時にでも“何か書いてあったなぁ”と、思い出してみて下さいネ。(^O^)
>
> 最近になってようやっと、ドールちゃんをボケーッと立たせてるだけじゃなくて、リアルな人間の動きっぽくするのがポイントかも…なんて気づいたレベルです(^。^;)

そうですね~。
彼女達は自分で動けませんから、私達がポージングをして命を吹き込んであげないと、何時までも人形のままですよね。
ただそれが“テーマ・コンセプト”であればそのままで良いと思います。
実際のファッション誌などでは“リアル・モデルさんを人形の様に撮影する”なんて企画もあったりしますからねぇ。
>
> テーマ…じっくり考えたいと思います。
> わー、しかし、どのように撮りたいんだろう?

恐らく、いきなりは思いつかないと思いますので、色々な事を試しながら探って行けば良いと思います。
私の場合は、CGを手にした時から今のテーマ・コンセプトを思いついていたので、すぐに形にする方向へ行ましたけど、普通は漠然としていると思います。
焦らず、ゆっくりと決めたら良いと思いますヨ。
>
> 世の中いろんなモノをじっくり観察すると楽しいですね(*^^*)

カメラマンをやっていた時分は、よく人間観察をしていましたね~。
今でも、たまに観察してますけど。o(^o^)o

  • 2014/08/12(火) 20:12:35 |
  • URL |
  • dabuwan #-
  • [ 編集 ]

“写真はノートリミング”

“写真はノートリミング”。

私も心がけています。

その割には、写真教室受講生の時は、先生にばっさりとトリミングされてましたが…。

「命を吹き込む」

本当にそうですよね。

ファインダーを覗いていると表情変わりますものね。
(ポーズやライティングで…)

  • 2014/09/07(日) 22:00:46 |
  • URL |
  • 黒江龍雄 #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: “写真はノートリミング” ・ 黒江さんへ

黒江さん、コメありがとです。

> “写真はノートリミング”。
> 私も心がけています。
> その割には、写真教室受講生の時は、先生にばっさりとトリミングされてましたが…。

フレーミングは徐々に直しながら覚えていくモノです。
でも常に“写真はノートリ”と言うのを心掛けている事は必要だと思いますね。
それがないと腕前は進歩しませんから。

> 「命を吹き込む」
> 本当にそうですよね。
> ファインダーを覗いていると表情変わりますものね。
> (ポーズやライティングで…)

確かに言ってしまえば、人それぞれなんですけどね。
でも私は何時も“生きた写真、伝える写真”を撮りたいと思っています。
それが彼女達に“命を吹き込む”と言う事だと思っています。

  • 2014/09/08(月) 23:02:21 |
  • URL |
  • dabuwan #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dabuwanblog.blog.fc2.com/tb.php/32-fae5c806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ