1/6の景色

“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)をテーマに、フィギュア・cool girlで外ロケをメインに撮影をしています。

標準レンズ(単焦点50mm)だけで撮ってみた。

今回は、Nikon Df(フルサイズ機)を使用し、標準レンズ(単焦点50mm)のみで撮影してみました。
APS-C機だと、単焦点35mmが相当するレンズになりますね~

s 1585

使用したのは、Carl Zeiss Planar 50mm F.1.4 ZFです。






以前の記事で”焦点距離(画角)”に付いて触れました。
そこで50mmの説明で、“人間が見た感覚に近く、とても素直に写る”と伝えています。

s 1586

この時は、"画角と被写界深度”の話でしたので触れてはいませんでしたが、標準レンズ50mmの魅力は
"広角っぽくも使え、望遠っぽくも使える”万能レンズであるという事。

s 1587

今でこそ、ミラーレス一眼・一眼レフ等はダブルズームキットが主流ですが、私が写真を始めたばかりの頃は、単焦点50mm
のセットかボディのみのラインナップの為、カメラを買って初めて使うレンズが50mmでした。

s 1588

50mmの特徴としては冒頭の“人間が見た感覚に近く、とても素直に写る”と言う事。
使い方次第では、広角にもなり望遠にもなる・・・
今思えば、これは言い方を変えると "いろんな撮影が出来るからチャレンジしてみてね”と言う、カメラメーカーの想いが伝わってくるのです。

s 1589

とは言え当時は、視覚的に見た目と変化のない標準レンズは余り使わず、望遠や広角に手を出すワケですがぁ~ (;´∀`A
しかし現在では、50mmは一番よく使うレンズです。
当時は、1番面白みのないレンズでしたが、今では1番面白く奥の深いレンズとなっています。

単焦点の標準レンズは良いぞ~ o(≧▽≦)o







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dabuwanblog.blog.fc2.com/tb.php/233-cfdf9bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ