1/6の景色

“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)をテーマに、フィギュア・cool girlで外ロケをメインに撮影をしています。

今回は観光気分でお願い! (>人<;)

s 0060
今回は、以前の記事やコメントの中にちょこちょこ出て来る、私の住んでいる街に付いてです。
でも、街の名前は出て来ません。(笑
と言っても、今回紹介する内容で殆んどの方が、解ってしまう位有名な街です。
では、観光気分でどうぞ。( ^ω^)_凵 どうぞ

私の住んでいる街は、戦艦大和の母港であり、戦時には日本海軍の最重要拠点でもありました。
街の背後に聳える山“灰ヶ峰”2番目の記事で、ルビィを撮影した山(“元々の切っ掛け”参照)は、戦時の写真では修正され消されていました。
また最近では、”海猿”のロケ地として街のいたるところが使われています。
あと、最近の“艦コレ”人気もあり、沢山の方が大和ミュージアムへ来られている様ですね。s 0061
街には海事歴史科学館”大和ミュージアム”があり、戦艦大和の事や海軍史を知る事が出来、館内には”1/10の巨大な大和の模型”が展示してあります。
入口横には、”戦艦陸奥”の実物41センチ主砲身が置かれています。s 0062
これもやはり”戦艦陸奥”の実物スクリューです。
写ってないですが、すぐ横には実物の方向舵があります。s 0063
大和ミュージアム横には海上自衛隊史料館“てつのくじら館”があり、これまた実物の潜水艦”あきしお”がお出迎えしてくれます。
長さが76.2メートルある潜水艦をクレーンで釣り上げ陸揚げし、ここまで持ってきて展示したそうです。
史料館から艦内を見学する事が出来、潜望鏡も覗く事が出来ます。s 0064
ここは、大和ミュージアムの海側にある“大和波止場”と名付けられた公園で、実物大の大和を垣間見る事が出来ます。
この写真を撮った場所が艦橋の根元、第一副砲のすぐ上の部分になります。
一番奥の突き出て見える部分が艦首にあたり、ウッドデッキ部分が大和の前方甲板の半分が再現されています。
右側の丸っぽくタイルが敷かれている部分が、奥から第一主砲、第二主砲、手前が第一副砲です。s 0065
ウッドデッキに降りてみました。
海からの風が気持ちの良い公園です。
始めてここで撮影をしてみましたが、何だかいい感じですね。
“アイス姉さん”も爽やかな感じです。( ´∀`)s 0066
アイスさん、カメラ持って来たのに写真撮らなかったね。
“そだね~”と、のんびりしているアイス姉さんでした。(*^_^*)

私は“観光大使?”か?? 
私の街はこんな街でした~。 見て頂いて、有難う御座いました。(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

旅気分満載ですね。(^O^)

はい(^-^)/ 大変有名な場所ですね。

しかし、ロケーションが上手くて本当にその場で見物している様です。

デカイ船でしたねぇ。子供の頃に三笠記念館に行きました。
男子だったですねぇ~大喜びで堪能したのを覚えてます。
大和は三笠よりも格段にデカイ!まぁ、時代の違いですが・・・
余談ですがヤマト2199が公開された当時、三旅戦いに駆り出されるヤマトが哀れに感じたものです。

最後の1枚が妙に感傷的で良いですね。

  • 2014/06/21(土) 06:56:33 |
  • URL |
  • 夢細工 #9wIXYclI
  • [ 編集 ]

軍港の街

あの街ですね。

いいですね。

こんな風にアイスさんに案内していただきたいですねー。

  • 2014/06/22(日) 13:43:33 |
  • URL |
  • 黒江龍雄 #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: 旅気分満載ですね。(^O^)

> はい(^-^)/ 大変有名な場所ですね。

現在でも海自の基地がありますし、潜水艦基地でもあります。
大和ミュージアムから、少し足を伸ばすと“アレイカラスコジマ”と言う所に潜水艦が停泊しているのを見る事が出来ます。
ほんの4~5年位前まで、大和を建造したドックと建造中に大和を隠していた“大屋根”と言われる巨大な屋根が残っていましたが、老朽化の為に取り壊されてしまいした。
>
> しかし、ロケーションが上手くて本当にその場で見物している様です。

楽しんで頂けたのであれば、嬉しいです。(´∀`)
アイス姉さんも喜ぶと思います。
>
> デカイ船でしたねぇ。子供の頃に三笠記念館に行きました。
> 男子だったですねぇ~大喜びで堪能したのを覚えてます。
> 大和は三笠よりも格段にデカイ!まぁ、時代の違いですが・・・
> 余談ですがヤマト2199が公開された当時、三旅戦いに駆り出されるヤマトが哀れに感じたものです。

そうですね。
大和が完成した頃には、日本自身が真珠湾で成功した戦闘形態“空母による航空兵力での攻撃”に変化した頃ですから、もはや時代遅れの産物でした。
“一億総特攻”の先駆けの様な形で使われた艦ですから、悲しい事ですが“それが大和の運命・使命”だったんですね。
そんな背景があるので“ヤマト2199”でも、戦時の時と考え方が変わっていないのでしょうね。
ただ2199では任務を全うして帰還しましたが。
>
> 最後の1枚が妙に感傷的で良いですね。

大和ミュージアムを見学すると・・・。


  • 2014/06/23(月) 00:49:12 |
  • URL |
  • dabuwan #-
  • [ 編集 ]

Re: 軍港の街

> あの街ですね。
> いいですね。
> こんな風にアイスさんに案内していただきたいですねー。

はい、その街です。(^-^)/
大和と海猿と書きましたが、あと良いイメージではないですが“仁義なき戦い”なんてのもありますよ。(笑
アイスさん、こっそりと“非公認・観光大使”?(; ゚゚)



  • 2014/06/23(月) 02:05:33 |
  • URL |
  • dabuwan #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dabuwanblog.blog.fc2.com/tb.php/22-6d5df352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ