1/6の景色

“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)をテーマに、フィギュア・cool girlで外ロケをメインに撮影をしています。

焦点距離(画角)と絞り(被写界深度)について

s lens 0001
今回は、またまたお勉強の時間です。(*^_^*)
今までの撮影準備編で、何度も出て来ている焦点距離と絞りに付いてです。
特に外ロケをやってみたいと思われる方は、覚えていたら役に立つと思います。
今回使用したカメラは私が何時もフィグ撮影で使用している、富士フィルム“X-E1 + XF18-55mm F.2.8-4.0”を使用しています。
カットの下に、それぞれの焦点距離と絞りを入れてあります。
撮影絞りは、F.4.0 ・ F.8.0 ・ F.16.0で撮影をしています。
尚、絞りをF.4.0から始めているのは、望遠側の絞りがF.4.0からなので他との比較の為です。
また焦点距離は、フルサイズ・センサー(35mmフィルムサイズ)に換算しています。 続きを読む
スポンサーサイト

近所の滝に行ってみた。

s 0068

この近所では結構有名な滝で、観光地とまではいかないものの、ちらほら見物に来る方がいます。
ロケ当日は良く晴れていましたが、木々に囲まれた滝はちょっと光が足りないので、感度を少し上げて撮影しています。
この娘はCGではなく、オビツヘッド+BBIパーフェクトボディです。 続きを読む

今回は観光気分でお願い! (>人<;)

s 0060
今回は、以前の記事やコメントの中にちょこちょこ出て来る、私の住んでいる街に付いてです。
でも、街の名前は出て来ません。(笑
と言っても、今回紹介する内容で殆んどの方が、解ってしまう位有名な街です。
では、観光気分でどうぞ。( ^ω^)_凵 どうぞ
続きを読む

スタジオ(室内)撮影

s 0053
今回は、殆んどの方が撮影されているであろう、スタジオ(室内)撮影に付いてです。
私の場合は、実際のスタジオ撮影の様な写真が欲しい場合と、“Doll's Portrait”を撮影する時にスタジオ撮影をします。
今回の写真は、翠ヘッドをリペイントした“ミホ”のテスト撮影した時の物です。 続きを読む

浜辺にて。2

s 0048
“浜辺にて。“の撮影場所と同じ砂浜で、天候は曇りでした。
曇りの時は、色温度が高くなるのでWBをお天気モードで撮影をすると、ご覧の様に少し青く写ります。
適正のWBで撮影するのも良いですが、あえて違うWBで撮影してみても面白い写真が撮れたりしますので、試してみてはいかが?
続きを読む

撮影小物達

s komono 0001
今回は、我が家の撮影小物をちょっとばかり紹介。
良く登場するであろう、バイク達とカメラ達です。
私は、撮影小物や衣装などをあまり持っていません。
CG熱が再燃するまで彼女達は、自作キャットスーツをず~っと着用していました。
ロケをする様になってから、衣装を少しずつ増やしています。
続きを読む

ちょっと、ひとっ走り。・2

s 0045

前回の続きです。
“じゃあ、行ってきま~す。”と、彼女は走りだしました。
続きを読む

ちょっと、ひとっ走り。

s 0040
ここは、近くにある国定公園です。
土日ともなれば、バイク乗りたちが集う走りのスポットでもあります。
この近辺では標高が一番高い山なので、夏は比較的涼しく瀬戸内海も良くみえる絶景スポットでもあります。
さてさて、“るびぃ”が皆の愛車“Z1”を駆ってツーリングに来ましたよ。 続きを読む

浜辺にて。

s 0035
ここは、近くの人工の浜辺です。
夏は海水浴場になります。
撮影した時は、ゴミも掃除されていてキレイな砂浜でした。
浜の向こうに人が居ましたが、離れていたので問題なしと言う事で、撮影開始。
この頃の写真を見ると、まだ足りない物がありますね。(/ω\*) 続きを読む

バイクを使った撮影 (テスト)

s 0030
今回は、小物(バイク)を使った場合のテスト撮影の時の画像です。
フィグのみで広い場所であれば、比較的スケール感を解らなくすることはやり易いのですが、バイクなどを使った場合は必然的に、道路脇や駐車スペースなどで撮影する事になります。
“道路”と言うリアルサイズの物が目の前に存在する為、いかにして“道路”をサイズダウンさせて見せれるかが課題でした。
テスト撮影は、行う事合計3回行きました。
ドゥカは1回目の時です。
この時は、バイクの高さを上げて撮影している訳ですが、これでは寄りカットのみしか撮れません。
何か別の方法を考えないと、全身を撮る事が出来ません。 続きを読む
次のページ

FC2Ad

まとめ