1/6の景色

“Lose a feeling of scale”(スケール感喪失)をテーマに、フィギュア・cool girlで外ロケをメインに撮影をしています。

撮影準備編・カメラについて vol.4

s 0021
今回は、被写界深度に付いて質問がありましたので、もう少し書いてみようと思います。
何だか、写真講座みたいになってますね。(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
でも、フィグ撮影では結構必要な事なので、お付き合いを。m(_ _)m 続きを読む
スポンサーサイト

撮影準備編・何を持って行く?

s 0016のコピー
では、やっと持って行くものです。(=´∀`)
撮影する人によって違うと思いますが、私dabuwanがいつも持参する物を例にあげてみたいと思います。
ここで紹介するのは、125ccのスクーターのメットイン・スペースに入れて出撃する時の装備です。
続きを読む

撮影準備編・カメラについて vol.3

s ruby Q 001
今回も、前回の続きです。 長くてスミマセン。(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
“ボケ“に付いてもう少し書いておこうと思います。
ボケを上手くコントロール出来る様になると、モデルをより引き立たせる事も出来ますし、背景に埋もれさす事も出来る様になります。
それよりも、写真自体の写りが劇的に変わりますので、是非覚えて下さい。
前回、センサーサイズの大きさでボケが違うと書きました。
そのボケをコントロールする部分、絞りと撮影距離に付いて今回は書いて行きます。 続きを読む

撮影準備編・カメラについて vol.2

s 0015のコピー
今回は前回の続きです。

何故、わざわざ大きいカメラを使うのか?ですが、vol.1で少し触れました画質とボケのコントロールにあります。
これから、その辺を説明して行こうと思います。 続きを読む

撮影準備編・カメラについて vol.1

s 0013のコピー
ドールを撮影する際、今のところロケにかんしては、殆んどこのカメラを使用しています。
あと、スタジオ(部屋)でドール・ポートレートを撮影する際はもう一つのカメラも使用する事があります。

使用機材の紹介
ロケ    冨士フィルム X-E1 18-55mm f.2.8-4.0付き (キットレンズ) APS-Cセンサー
スタジオ リコー GXR + GR Lens 50mm f.2.5 Macro APS-Cセンサー
その他  ケンコー クローズアップレンズ 58mm no.5
続きを読む
次のページ

FC2Ad

まとめ